元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

2021年ハワイ最新情報★コロナ禍のワイキキの現状、PCR検査、現地レポート
長時間フライトの狭い機内でも快適に過ごす6つの方法
パッキングのコツと全て機内持込で済ませる裏ワザ
CAは出会いが少ない!?機内でCAに良く思われたい男性は必見!

新型コロナの影響により掲載施設の営業時間などが変更になっている場合があります。最新情報は公式サイトなどで確認をお願いします。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状〜コロナ前かと思うほど人がたくさんいて盛り上がっている

皆様、こんにちは!
ハワイ渡航暦100回以上の元CAのバンビです♪♪

ブログ更新の間が空いてしまったのですが、諸事情によりハワイに行って参りましたので、2021年6月のハワイの最新情報を共有したいと思います。

 

この記事では6月の中旬〜後半にかけて2週間ちょっとワイキキに滞在した筆者の目からみた「ワイキキの今」をレポートします♪

また、ハワイに行くのに必要な書類やPCR検査についてもまとめていますので、今後ハワイに行かれる予定の方も、今はまだちょっと行けないけど、いつか行きたい方も旅のご参考にしていただけると思います!

 

2021年6月のワイキキの様子↓↓

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状


コロナはもう終わったの?と思うほど、とにかく人が多く、どこに行っても行列でかなり盛り上がってました♡
詳しくは記事の中で紹介します〜(^-^)

 

 

2021年6月のワイキキの様子

それでは本題の6月現在のワイキキの様子です♪
このブログをいつも読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私は2021年2~3月にもハワイ(オアフ島)を訪れています。

その際の詳しいレポートはこちら↓↓を読んでいただくとして

【2021年2~3月】コロナ禍のハワイ情報レポート★
ワイキキの現状、PCR検査、出入国書類、現地の様子、徹底レポートします!


2月~3月に訪れた時は、滞在中にハワイのコロナ対策のレベルが一段階緩くなり、お店やビーチなどにも人が少しずつ戻ってきました!

だけど、ホテルなんかはまだ、全然お客さんが居ませんよ。
しーん。

【ヘルモア・プレイグラウンド】シェラトン・ワイキキ滞在記 - コロナ禍のハワイでワーケション 

という感じでしたが…

ワクチン接種率の増加を背景に、アメリカ国内の夏休みやバケーションの時期と重なり、6月のハワイの観光客の人出は半端ないくらい多かったです。

 

どこに行っても人で溢れていて、アメリカではもうコロナは終わったの?という雰囲気でした。

 

ワイキキはどこも激混み!!

まずはビーチ。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状


5月終わりくらいからオアフ島では、外ではマスクをしなくて良いことになったので、ビーチではマスクをしている人はほとんど見かけません。

ただ、行く前の情報では、 道路でマスクをしていると「ワクチンを打ってない人だと思われるから外した方がいい」的な噂を聞いていたのですが、実際はそんな感じではなかったです。

お店など建物に入る時には、まだマスクをする必要があり、マスクのON、OFFが面倒なので、そのままマスクをしながら歩いている人も結構見かけました。

人混みでは外であっても自主的にマスクをしている人も居たので、必ずしもワクチン接種と関係なく、アメリカ人でも気にする人は外でもマスクをしているって感じだと思います。

 

カラカウア通りも人がいっぱい!

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

夜のカラカウアもストリートパフォーマンスもだいぶ戻ってきて、賑やかでこれぞワイキキ♡

コロナ前に書いた夜のカラカウア通りの記事もご参考に〜♪

【ハワイ】夜のワイキキは何時頃まで楽しめる?カラカウア通りの危険エリア、治安、気をつけること 

 

ロイヤルハワイアンセンターのステージも復活!

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

 

ダイヤモンドヘッドも激混み!!

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

ダイヤモンドヘッドは何度も登っていますが、こんなに人で混雑していたのは初めてです。

頂上付近は激混みで、みんな頂上から写真を撮ろうと並んでいます。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状


並んだ甲斐がありました♡

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

 

 

ワイキキでは日本食が大人気!

今回は仕事の渡航だったので、ワイキキの和食屋さんにも足を運ぶ機会があったのですが、ちょっとビックリ!

言い忘れましたが、どこも人で溢れかえっているワイキキが今までと一つだけ違う点として、日本人観光客がほとんど居ない!という点。
今、ハワイを訪れる人のおよそ8割はアメリカ本土からの観光客だそうです。

日本人は居ないはずなのに、なぜか日本食屋さんが朝から晩まで大大大人気で、長蛇の列。

お馴染み「丸亀製麺ワイキキ店」
丸亀製麺は写真奥の建物。手前に写っている建物は別のお店です。
これ、11:00のオープン前ですよ。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

 

「ラーメン なかむら」
丸亀ほどは並んでないですが、お店が狭いし回転率が悪いので、この状態からだと1時間以上は並びます。

私は「なかむら」のオックステールラーメンが大好きなので、もちろん並びましたが、アメリカ人からも「1時間以上並んでも食べたい」という人気ぶりにちょっとびっくりしました♪♪

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

 

その他も和食レストランは、予約を受け付けているお店の場合は、予約なしでは入店がほぼ不可能で、しかも予約は2ヶ月くらい先まで埋まってます…

日本食に限らず、人気のお店に行きたい場合は予約必須ですので、今後ハワイに行かれる方はお気をつけください。

ハワイのレストランを日本語で予約できるサービスはこちら!

 

JCBカードホルダーには嬉しいワイキキトロリー再開!

JCBカードを持っているだけで、乗り放題、降り放題、ワイキキ一周し放題の「ワイキキトロリー」のピンクラインが滞在中に、いつの間にか再開していました♪♪

トロリーもほぼ満席だし、本当にどこを通っても人、人、人です!
ワイキキトロリーのピンクラインの2階席からのワイキキ中心部の車窓の様子をYouTubeにアップしました♪

13分間とちょっと長めですが、ワイキキの人で賑わう様子などもわかります。

 

コロナ以前に書いた記事ですが、ワイキキトロリーが乗り放題になる方法はこちらをご覧下さい。

 

2021年6月現在のハワイ州のコロナ感染者数の状況

ハワイ州のコロナの感染状況は、ハワイ州観光局のサイトに詳しく掲載されています。

現在の感染状況 – ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

2021年ハワイ最新情報コロナ禍のワイキキの現状

上記は6/28現在のデータです。
日本全体や東京都の10万人あたりの感染者数と比べると、実はハワイの方がだいぶ多いのがわかります。

また、日々の感染者、週ごとの平均、死亡者数などはGoogle検索でも確認することができます。
↓↓

2021年ハワイ最新情報コロナ禍のワイキキの現状

上記のデータによると日々の新規感染者数は、だいたい40~ 50人前後で、6月はだんだんと減少している傾向にあります。

これだけの人流が多いのに感染者が増えてないのは、やはりワクチン接種率と関係があるのかも知れませんね。

 

2021年7月現在 - ハワイ渡航に必要なもの

コロナ関連では、アメリカではなくハワイ州独自の基準があるので気をつけること。
更に、ハワイの中でも島によって基準が違います。
私は今回はワイキキのあるオアフ島だけの滞在だったのでオアフ島のことを書きます!

出国前のPCR検査と陰性証明が必要

基本的には、到着してから10日間の自主隔離が義務化されています。
ただし、指定の医療機関の陰性証明とプログラムへの登録、さらに入国時の検疫で認められた場合だけ、10日間の自主隔離が免除され、自由に行動できるようになります。

免除の措置が基本ではありません。書類などを間違えていると免除にならないので気をつけてください!

(上記それぞれの説明ページにリンクされてますのでご利用くださいね)

セーフ・トラベルズ・プログラムの登録の仕方はこちらに詳しく記載されています。


PCR検査は、日本を出国する72時間前以降のものが有効で、指定された医療機関で受けて、指定されたハワイ州の陰性証明フォームが必要になります。

例えば、出発の73時間前に受けたPCR検査の結果はダメだし、指定の医療機関以外で受けた検査結果もダメだし、指定の医療機関でもハワイ州で指定された陰性証明フォーム以外ではダメなので要注意!

ハワイ州が認めている日本国内のPCR検査の指定医療機関のリストは↓こちら
新型コロナウイルスの陰性証明書を用意 – ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト


*都内のPCR検査の最安値は(2021年7月現在)指定医療機関の中では、芝国際クリニックをパートナー価格で申し込むのが最安値です。
下記のサイトから申し込むとパートナー提携価格で通常より8,000円引きで検査が受けられます。

【芝国際クリニックのPCR検査 - 申し込み】

私が芝国際クリニックでPCR検査した時の体験談はこちらからご覧いただけます)

 

ハワイ渡航前のPCR検と査陰性証明の費用や注意点は!体験者が語る出国前PCR検査で気をつけること 

実は6月の中旬からハワイ(オアフ島)での入国の際には、PCR検査の陰性証明に加えて、ハワイ州でワクチンを受けた証明がある場合は、PCR検査の陰性証明が不要になりました。

さらに、7/8〜はアメリカ国内でワクチンを受けた証明がある人はOKになるっぽいです。https://hawaiicovid19.com/travel/
(日本発行のワクチンパスポートなど、今後も規制が緩和されて行くかも知れないのでワクチン接種が終わっている人は、確認してみてください)

ハワイでの旅行中のワクチン接種に関しての情報は記事の後半に記載してます♪
(ちなみに私は接種していないので体験談ではありません)

 

ハワイ入国の際の検疫の簡素化

2021年ハワイ最新情報コロナ禍のワイキキの現状

2月に訪れた時よりも入国時の検疫のチェックがシステム化されていました。

まずは、出発地の空港(私の場合は羽田空港)で航空会社による陰性証明やQRコードなど、かなり入念なチェックを受け、OKだった場合はボーディングパスにシールを貼ってもらえます。

到着地ハワイのの空港では、シールが貼ってある人はそれを見せればPCR検査の結果やQRコードのチェックをしないで入国できます。

羽田空港↓
ハワイ便のカウンターが増設されて、こちらでPCR検査の陰性証明やQRコードのチェックなどが行われます。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

 

帰宅後は14日間の自宅待機が必須

ハワイ渡航前に必要なものではありませんが、帰国後14日間は自宅などでの自己隔離が必須です。

また、帰宅時も公共交通機関を使ってはいけないので、自宅までの移動手段か14日間隔離場所となるホテルなどの手配は必ず必要です。(帰国時チェックされて、誓約書も書かされる)

帰国後のことは、詳しく別記事にまとめようと思いますが、とりあえず概要。

帰国後は自家用車、帰国者用のバスやタクシー、レンタカーはOKです。(レンタカーはお迎えに来てもらう時に帰国者であることを申告する)

誓約書を書いて、スマホにアプリを3つ入れ、毎日、今いる場所の報告を行います。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状


帰国の翌日から14日間は、基本的には申告した待機場所から離れることは出来ません。
今は私は14日間の自宅待機中にこのブログを書いています♪

自宅待機中は、食料調達や病院など、必要不可欠な場合の外出は認められてるみたいですが、その際も公共交通機関を使うのはダメで、できる限り人と接触しないように、また、万全の感染予防の対策をしてください。とのことです。

あと、少しびっくりしたのは、1人で家の周りを散歩するのも1人のドライブも基本的にはダメと言われました。要するに待機場所から離れてはいけないようなので気をつけてください。
  

日本人の旅行者でもハワイでワクチンを受けられるのか?

6月中旬から、ハワイ島内(7/8~はアメリカ国内)でワクチン接種をした証明書を持っている人は、次回のハワイ入国(入島というのかな?)の際には、72時間前のPCR検査と陰性証明がなくても、接種証明書をセーフトラベルズ・プログラムにアップロードすることで10日の隔離が免除されるようになりました。

と言うことは、ハワイでワクチンを打てば、次からは出国前のPCR検査が不要になるってことですよね?

果たして日本人観光客がワクチンを接種することはできるのでしょうか?

薬局に行って確認したところ。。。

 

パスポートがあれば可能とのことでした。さらに、料金は無料。

ちなみに私が確認した薬局は、ワイキキにあるLONGS DRUG(ロングスドラッグ)で、ワクチンの種類はファイザー社のもの。

ロングスドラッグでは、https://www.cvs.com/ のサイトで予約が必要なようです。こちらのサイトはアメリカ国内のみで閲覧できます。(VPNなどあれば閲覧可能かも)

ファイザー社のものは、2回接種の必要があるので、長期滞在者かまたは、接種から3週間後~1ヶ月後くらいまでにハワイに戻ってこられる人のみと言われました。特にそれを証明するもの、例えば航空券などを持っていなくても大丈夫みたいです。(2021年6月現在)

ちなみに、ジョンソン&ジョンソンは1回の接種でOKなため、私も実は今回受けられるチャンスがあったら受けようと思っていたので、少し調べたのですが、なんと!さすがはワクチン先進国アメリカ!

インターナショナルマーケットプレイスや、KCCファーマーズマーケットなどで集団接種をやっていて、こちらも旅行者でもでも接種できると言うことでした。

ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状

日本人旅行者がハワイでワクチンを受けるのに必要なもの

パスポートのみ。
料金は無料。
(2021年6月の情報です。変更があるかも知れませんので、必ず事前にご自身で確認をしてくださいね)

場所はCVS系の薬局(ロングスドラッグなど)または、集団接種会場。

私がハワイでワクチンを受けなかった理由

これだけ気軽にワクチンを接種できると、本当に旅行のついでにワクチンも!って感じになって、私も99%ぐらい1回接種でOKのジョンソン&ジョンソンを受ける方向に傾いていました。

今回のハワイは、仕事メインだったので、ワクチン接種は合間の時間で予定していました。

ところが、なんと!同行者がハワイ到着の初日から体調を崩して、さらにはドンドン調子が悪くなり、ついには発熱と咳が!!しかも「匂いがしない」とか言い出すし。

もう、ここまで来ると同室の私は恐怖しかないんですけどね。

同行者はオンライン診療と、クリニックでマジのPCR検査を1週間に2回も受けて、結局2回とも陰性で発熱も咳も、そのうち治って、おそらくただの風邪だったみたいです。

匂いは単純に鼻づまりによるものだったようで、鼻が通ったら治りました。もう〜!!!

私も普段の免疫の強さからうつることはなかったのですが、同行者が体調が悪い間は何かあるといけないので外にも出られず、ハワイに来てずーっとホテルの部屋の中。(これぞ自主隔離)

現地の知り合いが食料を調達してくれたりはしたのですが、結局、予定されていた仕事もキャンセルになったり、予定変更になったりしてワクチンどころではなくなってしまったのが実情です。

同行者が万が一コロナだった場合はどうなるのだろう?と不安でしたが、アメリカはオンライン診療も進んでいて、すぐにオンラインで診察してくれたし、PCR検査もすぐに受けられて、この辺りは日本の私の住んでいる地域とは全然違うと思いました。

コロナ禍では、ホテルはシェラトンがおすすめ

 

今回、シェラトンで本当に良かった〜と思うエピソードがあるので紹介します!

 

シェラトン・ワイキキ滞在記【2021】 - コロナ禍のハワイでワーケション 

ハワイ到着の翌日ぐらいから、同行者の体調不良により、しばらくずーっとホテルに自主隔離していた私たちですが、たまたま仕事で手配したホテルが、あの高級ホテルの!海の目の前の!「シェラトン・ワイキキ」だったのです。

私は常々、シェラトン・ワイキキは、ホテルの中に病院があるので安心です。

と言ってきたのですが、今回、身をもって証明することになりました。

同行者が調子が悪い、匂いがしない、と言い出してシェラトン・ワイキキにあるクリニックに電話。電話は日本語対応してくれます。

すぐにオンライン診療をしてもらい(ドクターは英語でしたが、頼めば通訳もしてくれるそうです)

ドクター「PCR検査一応受けておく?クリニックに来られる?ホテルはどこ?」

同行者「シェラトン・ワイキキ」

ドクター「じゃあ、エレベータで降りてきてPCR検査受ければ?」
みたいな感じで、すぐに対応してくれました。

PCR検査も30分ぐらいで結果の出るクイック検査で、無事に陰性を確認!
(その後、さらに体調悪化で2回目のPCR検査も受けるんだどね。その辺の話は別口で書きます!)
とにかく何かあったら嫌だし、体調も良くないので治るまでは念のためホテルに引きこもっていました。

シェラトン・ワイキキの中にあるクリニックは、普通のクリニックがホテルの中に入っているというだけで、もちろん宿泊客以外も利用できます。


2021年ハワイ最新情報コロナ禍のワイキキの現状

ただ体調の悪い時ほど出歩くのは(今のご時世危険だし)本人も辛いので、今回ほど「シェラトン・ワイキキで良かった〜」と思ったことはありませんし、コロナ禍でワイキキに泊まるなら、こう言った面からも断然シェラトンをおすすめします!! 

シェラトン・ワイキキ滞在記

 

 

シェラトン・ワイキキは海の目の前にあって、料金はかなり高めなので、予算的にちょっと無理な場合は(私も仕事じゃなければ無理な値段です!)
もう一つのシェラトン、「シェラトン・プリンセスカイウラニ」もおすすめです。


ハワイ最新情報【2021年7月更新】ワイキキの現状


こちらも高級ホテルではありますが、海から一本中に入っているためか、だいぶリーズナブルです。ワイキキの高級ホテルの中ではコスパ最高のホテル。

直接は海に面していませんが、横断歩道を渡ればすぐ海だし、ワイキキのメインストリート、カラカウア通りに面していて、インターナショナルマーケットプレイスはお隣です。

そして、こちらのホテルにもクリニックが入っているのです。

 

2021年ハワイ最新情報コロナ禍のワイキキの現状

こちらのクリニックは8時から24時までやっていることが特徴。
筆者はここのクリニックには以前から何回か来たことがあります。日本語も通じるし、ドクターもとても感じの良い人たちです。

シェラトン・プリンセスカイウラニ

 

 

コロナだけじゃなく、旅先では疲れも溜まりやすく、気候の変化などから体調を崩す場合も多いので、病院が併設されているホテルは安心です。

どちらのクリニックも宿泊客以外の方も利用できるので、ハワイ旅行の際には下記連絡先などをメモっておくことをおすすめします。

シェラトン・ワイキキのクリニック

Walk-In Clinic in Waikiki - Honolulu - Oahu - Hawaii(日本語)


シェラトン・プリンセスカイウラニのクリニック

ワイキキ・アージェントケア — Doctors of Waikiki HI(日本語)

 

なお、診療時に必要なものは、
・パスポート
・海外旅行保険
・クレジットカードまたは現金
です。

海外旅行保険はクレジットカードに付帯しているものでも大丈夫です。

海外旅行保険が付いている、入会金・年会費などが無料のクレジットカードはこちら↓↓(海外旅行保険が実質無料)

ハワイで得するクレジットカードは?海外旅行保険付帯でラウンジも使えて年会費永年無料のカードとは? 

 


以上、今日は2021年6月に2週間ほどハワイのワイキキに滞在した筆者の目から見た現地の様子やコロナやワクチンの状況について、また日本からのハワイ渡航に関する情報などをお伝えしました。

最後にハワイ渡航や日本から海外に出発する際に参考になる関連のサイトを載せておきます。

情報はあくまでも、私が実際に経験したり調べた時のものです。コロナに関する各地域の対応は日々更新されているので、最新ではない可能性があります。
必ずご自身で最新情報を確認するようにお願いします。
 

ハワイ&日本、渡航やコロナ関連の情報サイト

*ご注意*入国に必要な書類やコロナの陰性証明に関する情報は必ず最新情報をご自身でお確かめください。

 

*日本でハワイ渡航のためのPCR検査をやっているところ

↓↓私がPCR検査を受けたクリニックです!都内周辺ではおそらく一番安くて親切だったし、証明書の発行も慣れてたのでおすすめです。

下記サイトから申し込むとパートナー提携価格で割引になります。
【芝国際クリニックのPCR検査 - 申し込み】

 

ハワイ州が認めている日本国内のPCR検査の指定医療機関のリストは↓こちら
新型コロナウイルスの陰性証明書を用意 – ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

 

*ハワイ州観光局が日本人向けに作っているサイト
ハワイのコロナ感染者数や現状などが詳しく書かれています。

ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

オアフ島再開に向けての段階的緩和をステージ3に

 

*日本の厚生労働省のページ
海外から日本に入国する際に必要な検査や書類、決まりなどが書かれています。

水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省


*日本の外務省のページ

日本に入国する際のPCR陰性証明のフォーム
有効な「出国前検査証明」フォーマット|外務省

外務省 海外安全ホームページ|お問い合わせ先

 

*ESTA Online Cetner
アメリカのビザ免除プログラムのページ

ハワイ入国の事前検査プログラム(セーフ・トラベルズ・アプリケーション)申請方法と記入例 |ESTA Online Center

 

*セーフ・トラベルズ・プログラムへの登録は↓こちら
State of Hawaii - Safe Travels 

 

このブログについて

元CAバンビ-このブログについて


このブログは、元CAのバンビがプライベートで訪れた弾丸旅行の旅行記や、飛行機での過ごし方、荷物のパッキングの仕方など、CAの経験を元に書いてます!
ぜひ、ご旅行の参考になさったり、暇な時の時間つぶしにご利用くださいませ♡

 

★海外旅行おすすめ記事ベスト5★

 

★元CAがこっそり教える!長時間フライトで快適に過ごす方法

★パッキングのコツや裏技〜全部機内持込で済ませる方法〜

★100均グッズ活用の旅行用品&常備する医薬品一覧 

★海外旅行あるある10選!

★盗難はまだマシ!手荷物から目を離してはいけない本当の理由

 

 

★弾丸旅行記★

 

★パリ3泊5日ハラハラどきどき弾丸旅行記

★ハワイ2泊4日(LCC利用で格安!)弾丸旅行記

★ワシントンDC3泊5日モデルプラン&弾丸旅行記

 

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。
ぜひ読者登録をお待ちしてます♪


記事を更新した際にはツイッターでお知らせしています♪♪