元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

元CAがこっそり教える!長時間フライトのエコノミー機内でも快適に過ごす方法

皆様、こんにちは!元CAのバンビです(^-^)
またまたリクエストにお答えして、今日も元気に行きますよーんっ♪♪

〜3泊5日パリ弾丸旅行記より〜

 

では、早速。

狭い機内で快適に過ごす方法〜

 


それは、ファーストクラスに乗ることです♡

座席も広いし、寝る時はベッドみたいに平にして寝ることが出来ます!

CAが座席にマットレスを敷いてくれたり、枕もフカフカ!

ご飯は好きな時に食べられて、美味しいし、飲み物もいつでも好きな時に持ってきてくれます!

 

って、おい!

なめとんのかい!!!!

 

ですよねー。ファーストクラスに乗れるお金がある方はぜひ~♡

安心してください!ここでは元CAのバンビが

エコノミークラスで快適に過ごす方法

をこっそり教えちゃいます!!

 

でも、さっきも言ったように、機内で快適に過ごすために一番良いのは、ファーストクラスに乗ると言うのは事実です。

 

f:id:zuboraca:20180823105226j:plain

「Google マップ」でエールフランスのファーストクラスを体験する



でも乗れないなら、
エコノミーで「ファーストクラス風」に過ごしちゃおうって魂胆です(笑)

ウン十万円、いえ場合によっては100万円以上の差ですから、まあ、限界はありますけど...

 

と言うわけで、

ファーストクラス風に過ごそう♪

の始まりです!

 

「長時間フライト」ってどんだけー?

 

まずは、イメージを掴んでもらうために「長時間フライト」がどれだけ長いのかを考えてみましょう。

「長時間フライト」の定義があるのか無いのか知りませんが、ここでは一応、パリ♡旅行記ってことでパリのフライト約12時間を前提にお話を進めますね。

12時間って相当長いんですよ。

ハワイやアジアの6~8時間と比べ物にならない長さ。(6~8時間も十分長いけど...)

12時間は6時間の倍ですからね!
だって、考えてみてください。このブログを読んでいる皆様、今から12時間前は何してましたか?そこからの12時間を思い返してみてください。

私の場合は→「お風呂に入って、そのあと5時間ぐらい寝て、起きて、少しウォーキングして、朝ごはんを作って、食べて、テレビ見て、洗濯して、ブログ書いて、そしてまたお昼ご飯を食べようとしている」って感じです。

この間、ずーーーーっと飛行機の中に居るんですよ。
しかも、殆ど座りっぱなし。軟禁状態。

でも大丈夫です!
きちんと対策を立てれば、エコノミーでも快適に過ごすことができます!!

それでは早速「エコノミーでもファーストクラス風に過ごす対策」をお伝えします♪

 

 

その1 お着替え

 

ファーストクラスのお客様は、飛行機に乗ったら「お着替え」をなさいます!

ファーストクラスには、スウェットみたいなパジャマみたいな「リラックスウェア」という楽チンなお洋服が用意されていて、お客様は、ファーストクラスの「お着替えスペース」付きの広いお手洗いで「お着替え」をなさいます。

f:id:zuboraca:20180823165837j:plain

FIRST CLASS アメニティ | ANA

 

一方、エコノミーでは、リラックスウェアの用意はないので、家から自分で持って行きましょう。またトイレも狭いので、飛行機に乗る前に空港のトイレで「お着替え」をしましょう♪♪
「着替え」じゃなくてファーストクラスっぽく「お着替え」です!(笑)

ナイキ(NIKE) フレンチテリー スウェット 上下セット

おすすめは、楽チンなTシャツとスウェットとパーカーです。パーカーはファスナー付きで狭い機内でも簡単に温度調節ができ、後ろ前に着ればフードの部分を顔に被ってアイマスク代わりにもなる優れものです!とにかく楽な格好で♡

ちなみに女性のゆるい感じのスカートは楽チンかも知れませんが、エコノミーは狭いし寝にくいから色々な体勢で寝ているうちにはだけちゃってる場合ありますので、ご注意くださいね!(CAとしては、そんな時はそっと毛布を掛けてあげるんですけどね)

実際にファーストクラスのお客様は、意外と格好とかは気にせず、女性もメークを全部落としている方も多い。それほどリラックスなさっています。

足元はスリッパやサンダルでも良いけど、おすすめはクロックスです。
ある有名女優さんもファーストクラス備え付けのスリッパではなく、ご自身で持ち込みのクロックスに履き替えていていらっしゃいました!(スリッパだと柔らかいし、そのまま飛行機を降りられないし、サンダルだと足元が寒くて靴下を履くと不便になる)
 

 

その2 お食事のタイミング

 

ファーストクラスではお客様のタイミングに合わせてお食事を提供します。

f:id:zuboraca:20180823165906j:plain
お食事(ファーストクラス) - JAL


お酒を少し召し上がって→映画→寝る→ご飯は降りる前に軽く、とか、最初にコース→だらだらお酒→寝る→途中でアイス→寝る→2食目、 とかタイミングもまちまちです。

一方、エコノミークラスでは、何百人も居るのにいちいちお客様に合わせられないので、お食事も一斉に順番にお配りするし、お食事が終われば基本、昼だろうが夜だろうが一斉に機内を暗くして「おやすみなさーい」の時間になります。

ま、あちらが合わせてくれないなら、こちらが合わせるしかありません...
要は、そのタイミングで自分が「お腹すいた♡」「映画見たい♡」「寝たい♡」ってなれば良いわけです!

大体のサービスの流れを知って、それに合わせて自分なりの「お過ごし方のプラン」を立てておきましょう。

フライトの時間にもよりますし、航空会社にもよるので一概には言えませんが、だいたい12時間前後のフライトなら...

↓↓こんな感じ。

f:id:zuboraca:20180823102409p:plain

なので、出発前に空港でバカ食いしちゃったりすると、1食目を余り食べられなくて、今度は2食目の前のお休み時間帯に、お腹すいて眠れない!!なんてことになり兼ねないので、その辺も飛行機に乗る前から計算しておくと良いです。

ちなみに、普通は1食目のお食事の方がボリュームがあって、到着前の2食目は「パンとサラダとヨーグルト」みたいな軽めのものになっています。フライト時間によって、中間におやつが出たり、出なかったり。

おやつのサービス方法は航空会社や路線によって様々で、一回明るくして配る場合もあるけど、暗いまま起きている人にだけ渡す時もあれば、機内の後ろの方のキッチン(ギャレー)に行くとパンやお菓子、飲み物などが用意してあって、セルフサービスの場合もあります。(特に告知はされていないので、見つけた人だけラッキーみたいな...)

航空会社のサイトの機内食検索やサービス情報も参考にすると良いでしょう♪♪

日本航空(JAL)★エコノミーサービス 

全日空(ANA)★エコノミーサービス


体調が悪かったり、どうしてもタイミング的にお腹が空いてない場合は「お食事は後で食べるので取っておいて」とお願いすることも出来ます。

(日本の航空会社は普通は取っておいてくれるけど、海外の航空会社は「衛生上ダメ」って言う時もあるかも...ちなみに前回LCCスクートのホノルル便では、出発前にバーガーキング食べ過ぎてお腹が空いてなかったので「後で食べたい」って言ったら「取っておけない」って言われ勿体ないのでモリモリ食べました!)

私は、いずれにしても何があるかわからないので、海外旅行では、カバンに緊急用のお菓子をいつも入れています。機内でお腹が空いたら食べられるし、現地に行っても何かの非常事態に役に立つかもしれないので。

また、お菓子といっても肉類、乳製品などは、入国の際に持ち込み禁止の場合もあるので、無難にビスケットやカロリーメイト、スニッカーズみたいな物がおすすめです。あと、飴。

 

 

その3 保湿アメニティグッズ

 

飛行機の中はとても乾燥しているので、ファーストクラスでは、保湿成分がたっぷりの高級基礎化粧品が入ったアメニティグッズが配られます。

f:id:zuboraca:20180823165954j:plain
TUMIのアメニティキット| デルタ航空


先ほど「お着替え」のところでも言いましたが、ファーストクラスに乗る女性がメークを落とす理由は「乾燥」にあります。きちんとメークを落として、たっぷり保湿をしてからお休みになると言う訳です!

飛行機の乾燥は特別で、機内の湿度は20パーセント以下!喉がカラカラになり、場合によってはお肌もカサカサ(と言うより、ガサガサ)になる危険レベルです!!

きちんと対策をしないで寝てしまうと、起きた時に体調が悪く&女性の方は化粧ノリ最悪な幕開けとなってしまいます。

では、どんな対策をすれば良いのか?

エコノミーでは、アメニティ高級化粧品はもらえないので、普段使っているものよりも保湿力の高い基礎化粧品を自分で持って行くしかありません。しかし、機内は液体物持ち込みの制限があります。

そんな時に私がおすすめするのは、トライアルキットです!
少量にパックされているので機内持ち込みもできるし、トライアルキットなら保湿成分のたっぷりの高級なモノも、めっちゃお安くGETできます。それに旅行で使い切るちょうど良いサイズ♡

★おすすめ高保湿トライアルキット★

【NOV】ノブlll
臨床皮膚科医が「乾燥」に特化して開発した常盤薬品のスキンケアシリーズ。
まさに機内の乾燥対策にうってつけです!クレジング、化粧水、乳液、美容液など7日間分が入って1,500円(送料無料)でとてもお得です♪♪

【第一三共ヘルスケア】ブライトエイジ
こちらも製薬会社が開発した高保湿&エイジングケアシリーズ。
10日間のトライアルで4,000円分が1,400円(送料無料)です!

「今なら77%OFFになる本サイズも購入できますよ」って何回か言われるのですが、今回は目的が機内持ち込みが出来るサイズなので「1,400円★10日間トライアルキット」を選んでくださいね^-^

一応、ファーストクラス風ってことで最後に女性なら誰もが憧れる超高級化粧品のトライアルセットを一つご紹介しておきます♪♪

はっきり言ってお高いけど超おすすめです!(私は試供品で頂いたものしか使ったことがないけど...お金があればぜひ♡こう言うのもラインで使えるのはトライアルきっとならではですよね♪)

【POLA】B.Aの5品ベーシックセット

POLAのサイトにはこう書いてあります。読むと欲しくなるので、衝動買いしてしまいやすい方は危険です(笑)

肌がはじめて生まれるメカニズムに着目し、新次元のバイオアクティブ理論を確立しました。肌のすみずみまで、美容成分を届け、まるで赤ちゃんや子供の肌のような、柔らかさとハリ感満ちた立体艶リフト肌をめざします。

ファーストクラスに乗らないけど、機内で使う化粧品はファーストクラスの人よりも良いものだったりして!

 

お食事の後、メイクを落としたら、たっぷりと保湿力高めの化粧水、乳液、美容液、クリーム、リップクリームをぬって、そして「マスク」です。マスクってフェイスマスクじゃくて普通のあの「マスク」ね。
真っ暗闇でフェイスマスクをしている人もいるけど、イキナリ立ち上がったりすると結構怖いので気をつけてくださいね(笑)

↓↓これをしないで寝ると、乾燥で喉が痛くなる場合もあるので必須です。

男性の方のお化粧品に関しては正直、あんまりよく分かりません。男性のお客様がリップクリームを塗っているのはよく見かけます。マスクをしている方も多いです。

機内で人気のリップクリームはこれ↓↓

機内が暗くなっても個人のライトを付けて、映画を見たり、本を読んだり、お好きな過ごし方をしてOKです。

個人のライトは権利なので(←おーっと!ちょっと教養ある系ギャグ♪♪ light=ライト=right=権利!笑)基本的には周りの人に迷惑じゃなければ使っても文句は言われないハズ。

だけど、自分にも同じことが言えて、隣の人がライトを使ってるからって「眩しくて眠れないから消してください」って言うのもダメかなーって思う。

ファーストクラスはプライベートスペースが広いから、隣の人の眩しいは気にならないぐらいだと思うけど、一応アイマスクなんかもアメニティグッズに入ってます。


CAも使っているアイマスクはこちら↓↓

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 5枚入

長時間フライトになると、CAも交代で休憩を取ります。そんな時に重宝するのが、蒸気で疲れを癒すホットアイマスクです。

USBを利用して、繰り返し使えるものもあります。

ホット&アイス アイマスク 快眠グッズ
USB電熱式 タイマー設定 日本語説明書付き (グレー)
 

ホットだけでなく冷却パックもついていて、飛行機の中だけでなく、旅行中やお仕事中にも目の疲れを取るにも使えます!

 

その4 オットマン

 

お休みタイムは、ファーストクラスではフルフラットになるし「ターンダウンサービス」と言って、CAがマットレスを敷いてくれたり、最高級羽毛ぶとんを掛けてくれたりします。

が、エコノミークラスにはそんなサービスはありません。座席もちょこっとリクライニングするだけ...

そう、ココがエコノミークラス最大の難関です。

でも、私、いいアイテム見つけちゃったんです♡♡♡

「オットマン」って知ってますか?

「オットマン」とは、こういうソファーに付属した足を乗っけるヤツですね。
足を上げると血流が良くなって疲れにくいし、むくみにくいです。
↓↓

f:id:zuboraca:20180823110043j:plain

 

最近の飛行機の座席の支流はファーストクラスだけでなく、一つ格下のビジネスクラスでさえ、この「オットマン」が付いていたりして、フルフラットにしなくても映画を見ながら足を乗せて、かなりリラックス出来るようになっています。

 

私がAmazonで見つけたスーパーアイテムはこちら↓↓

f:id:zuboraca:20180823102719j:plain

どうです?
これ、エコノミーか!?って思うほどに快適そうじゃないですか?

畳めば小さくなるし、飛行機だけじゃなく、車や何気にデスクワーク時にも使えるっていうのが魅力です!

私があれこれ説明するより、ご興味のある方はぜひAmazonの説明ページをご覧くださいませ♪♪

★★ご注意★★
ただし、Amazonの説明ページには書いていなかったのですが、自分より奥に他人がいる場合は、その人が出られなくなってしまうので使用ができません!

窓側や中央4席の真ん中であれば、上空では使用可能。(離着陸時はNG!)
↓↓こんな感じ。同行者であれば◯の席からお連れ様まで続けて使用してもOKです。

f:id:zuboraca:20180823102845p:plain

 ※航空会社やCAさんによっては、わざわざ聞いたりしたら「ダメ」って言われる可能性もあるかも。暗くなってから膨らまして毛布を掛ければ、CAさんからは見えないと思います(^^;)
でも、もし注意された場合は、きちんと指示に従ってくださいねー。


なお、座席の下に入るくらいの大きさの機内持込用のスーツケースで、離着陸時は座席の下に入れておいて、寝る時にちょっと位置を変えて、オットマン代わりに使っても良いと思いますよ♪♪

 

もう一つの優秀アイテムはこちら!

 

Qlione ネックピロー フード付 低反発 U型首枕 4カラー (グレー) 

首が疲れないし、フードが付いているのでプライベート性が保たれて、深く被ればアイマスク代わりにもなるので、非常に便利です!
そして、ネックピローは、映画を見る前に装着しましょう。

せっかくネックピローを持っているのに、映画を見ながら寝落ちしちゃったら残念ですもの...そういう人たまに見かけます。

ちょっと話は逸れますが、ビジネスクラスで、フルフラットなのに倒さないで寝落ちしちゃう人とかも、起こす訳にも行かず気の毒だなって思います。寝落ちしちゃう危険性があるお客様は先に「そのまま寝てたら起こして!」と仰って頂ければ、お声がけしますので、宜しくお願いします(^-^)


 

その5 ヘッドフォン

 

今まで、お着替え、お食事、保湿アメニティ、オットマン…とファーストクラスとの「差」をマザマザと見せ付けてきましたが(笑)

実は、ファーストクラスですら改善できないことがあります。

それは「音」
飛行機に乗ると常時「ゴー」っていう音がしています。

これは風を切って飛んでいる音だそうで、ファーストクラスでもエコノミークラスでも「ゴー音」は平等です。

CAは常時「ゴー音」を聞いているので、飛行機を降りてホテルに着いてからも謎の「ゴー音」がずーっと耳鳴りのように響いていることがあります。

とは、言うものの…

ファーストクラスでは、この「ゴー音」を改善するためにお客様に「ノイズキャンセリングヘッドフォン」を貸し出しています。

「ノイズキャンセリング」とは文字通り「ノイズ」を「キャンセル(消す)」と言う意味。

音楽を聴いたり、映画を見たりする時に使用しますが、外界のノイズをほぼシャットアウトしてくれて、絶えず「ゴー音」がする機内でも「ゴー音」をオフして繊細な音を楽しむことができるのです。

しかし「ノイズキャンセリングヘッドフォン」のすごいところは「繊細な音を楽しむ」だけでなく、音楽を再生しなくても外界のノイズをほぼ無音にしてくれるところなんです。

要するに「電子的に無音にしてくれる高性能な耳栓」ってことです。

一方、エコノミークラスのイヤフォンは、とってもチャチい使い捨てのもの。ノイズキャンセリング機能どころか、余計なノイズが聞こえる場合も...(笑)

ノイズキャンセリングは「BOSE」や「SONY」のものが有名で少しお値段が張りますが、機内だけじゃなくて普通に通学、通勤時の音楽聴くのにも使えるのでおすすめです!

ヘッドフォンタイプのものと普通のイヤフォンタイプのものと両方ありますが、旅行中に持ち歩くことを考えるとイヤフォンタイプのが良いかな。

 

その6 お水

 

「ファーストクラス風に過ごそう」 の最後は、お水です♡

は?

って感じでしょうけど、これ一番重要かも。

ファーストクラスでも、どこでもセレブはいつもお水を持っています(笑)

一応、エコノミークラスでもお水は頼めば持って来てくれますけど、水はたくさん飲んだ方が良いし、好きな時に飲みたいですよね。

機内は乾燥が著しいので、通常より喉が渇きます。
寝ていても喉が渇いて起きてしまう。

エコノミーの場合↓↓
暗い中、CAを探して辺りを見渡すけど居ない。眠い...コールボタンで呼ぶ。すぐに来てくれないからウトウトする。


「お呼びになりましたか?」と起こされる。

「水ください」
「かしこまりました」

実は、12時間のフライトともなるとお客様が寝ている間、CAも交代で休憩を取っているんです。なので、この時間帯は必然的にCAの数が少ない。他のお客様も同じCAさんに水なり、お茶なり、週刊誌なり、毛布なり...たくさん頼んでるから、時間がかかるんです。

すぐに来てくれないから、またウトウトする。
「お客様〜お待たせいたしました。お水お持ちしました」ってまた起こされる。

水をもらうために毎回このくだりが繰り広げられるぐらいなら、セキュリティを通り過ぎてからペットボトルのお水を買って、自分でシートポケットに入れておく方が楽です。

何回も起こされなくて済むし、飲みたい時にすぐに飲めます。

普通、お食事と一緒にペットボトルのお水1本は貰えますが、長年の経験から言って、1本では足りないと思いますし、何度も言うように乾燥が半端ないので、水はたくさん飲んだ方が良いのです。

エコノミー症候群の予防にもなります。


ファーストクラスでは本来はお水はグラスでお注ぎするのですが、お休みの時はほとんどの方が「ボトルで」と仰って、常に枕元にボトルのお水を置いていらっしゃいます。

 

★★ご注意★★

水は液体物なので、セキュリティチェックを過ぎてから購入しましょうね。

  

 

本当はもっともっと書きたかったんだけど、長くなって疲れてしまったので、ここら辺で終わりにします。

 

・快適な席はどこ?

(2018/10/08 追記 ↑ については「エアフラ搭乗記」で少し触れています。ご参考になさってください)

 

・トイレに行くタイミングは?

 

など、時間がある時にまた追加したいと思います^^;

 

以上、

エコノミークラス機内で快適に過ごす方法

をお送りしました(^-^)

 

こちらの記事もおすすめ♡

元CAが選ぶ、おすすめ5選とゼッタイ見ちゃダメな機内映画

100均で揃える旅行便利グッズ&常備する医薬品

海外旅行★パッキングのコツや裏技〜全部機内持込で済ませる方法〜 

元CAの「3泊5日パリ弾丸旅行記」おすすめプラン&全スケジュール 

♡ハワイの旅行記も書いてまーす♡

激安LCCスクートで行く!ハワイ弾丸旅行記おすすめ全スケジュール 

 

だいぶ長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

はてなブログの方♡読者登録おまちしてます!


記事をアップしたらツイッターでお知らせします♪
ご興味のある方がいらしたら、ぜひフォローよろしくお願いします^-^
(皆様のツイートのスピードに付いていけず、たま〜にしか見てないので、その点はご了承ください)