元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

長時間フライトの狭い機内でも快適に過ごす6つの方法
パッキングのコツと全て機内持込で済ませる裏ワザ
CAは出会いが少ない!?機内でCAに良く思われたい男性は必見!
この旅行最大のピンチ。元CA、なんと!「飛行機に乗り遅れる」の巻

【速報!2019年ミシュランガイド フランス版】今年のミシュランはちょっと違う!?日本人シェフは大活躍も人気店降格で波紋も!

皆様、こんにちは!元CAのバンビです♪♪

去年2018年のミシュランの記事が結構ご好評いただいていて、1年を通して一定のアクセスがあったので、わりと需要があるのかな。と言うことで!
今年もやっちゃいます(^-^)

 

2019年速報!ミシュランガイド フランス版

 

今年のミシュランは、例年とちょっと趣向が違いました!
「新しい試み」満載で、若手、女性、外国人シェフが活躍する一方で、歴史ある人気店が格付けを落としてしまったり、人気の大衆グルメ誌「Fooding」のランキングに影響を受けているのでは?...と波紋も広がっているようです。

 

ミシュランガイドってそもそも何?


まず「ミシュランガイド」って、そもそも何なの?って言う方へ簡単に!

「ミシュラン」は、実はフランスのタイヤ会社なのです。
イメージキャラクターは、一度は見たことあると思う、この子↓↓

f:id:zuboraca:20180206125940p:plain
http://www.michelin.co.jp/JP/ja/homepage.html

 
フランスのタイヤの会社が、自分とこのタイヤを買って欲しいために、自動車旅行を促そうとガイドブックを作ったのが「ミシュランガイド」の始まりなんです。

今から100年以上前、1900年のパリ万博の頃。
最初は「地元の人が知る美味しいお店♡」みたいな感じでガイドブックを作り無料で配っていたそう。

その後、食文化に繊細なフランス人の間で、いつしか「ミシュランガイド」は権威あるレストランの格付けガイドとなり、今では世界中で「ミシュラン」と言えば、美味しくて高級なレストランのイメージが浸透しています。
(ですが...最初にも言ったように、本当はタイヤ屋さん!)

 
詳しくお知りになりたい方は過去記事もご覧くださいね!
↓↓

速報!ミシュランガイド フランス版 2018★異例の星返上!

 

 

星を獲得したり維持するのは大変!
過去にはこんな事件も!!

 

当初は、食品業界とはカンケーない「タイヤ屋さん」のガイドブックだった「ミシュランガイド」がいつの間にか権威を持ち、その格付けの方法も、いつ訪れるか分からない覆面調査員によるもの。

新たに星を獲得したり、格付けされた星のランクを維持するのはとても大変なのです。
レストランのシェフや従業員たちは、日々この見えないミシュランの権威と戦っていると言っても過言ではありません。

過去には、ミシュランの三ツ星を失うかも知れないという噂により自殺してしまったレストランオーナーや、ミシュランの権威から逃れるために、お店を質素な作りに変更して、わざと星を失うシェフも居ました。

本来なら権威ではなくお客様に目を向けて、その結果としての星獲得でなければなりません。このような疑問や日々のプレッシャーから、去年は「ミシュラン3つ星」を返上するレストランも現れました。(←せっかく返上したのにこのお店も今年2つ星を与えられたりして、これはこれで波紋も...)

3つ星返上については、去年の記事をご覧くださいね!
↓↓

速報!ミシュランガイド フランス版 2018★異例の星返上!

 

 

 

今年のミシュランは新しい試み満載!
その裏では様々な波紋も!

 

今年のミシュランは例年にはない、一味違う「新しい試み」が見られました。

新しく星を獲得したお店は75店とミシュラン(フランス版)の長い歴史の中でも例を見ない多さで、中でも新しく11人の女性シェフを掲載し、以前から論争になることの多かった問題に対して一種の答えを出す形となりました。

若手、女性、外国人、地方ツーリズム、カジュアル、などの新しい息吹に積極的に星を与える一方で、長く歴史のある3つ星レストランが2つ星に降格するなど、ミシュランの世界にも訪れている「世代交代」の流れに、波紋も広がっています。

50年以上3つ星を維持していたアルザスの「オーベルジュ・ド・リル」が2つ星に降格する一方で、去年のミシュランでは、プレッシャーから逃れるために3つ星を返上した「ル・スーケ」は、皮肉なことに?早くも今年は2つ星を獲得しています。

 

日本人シェフが大活躍の今年のミシュラン!

 

多くの外国人シェフが星を獲得する運びとなった今年のミシュランの中でも、日本人シェフの活躍は目覚しく、フランスガストロノミーでも注目の的となっています!

(日本人シェフのリストはこちらから→パリ・ミシュラン日本人シェフリスト2019版


注目すべきは、1つ星を獲得した、パリの
2人の日本人女性シェフ♡♡の存在です!

 

Virtus(ヴィルチュス)

神崎千帆シェフが、パートナーのマルセロ・ディ・ジャコモ氏と一緒にオープンした、パリ12区にあるお店です。

きめ細かい独特なハーブや野菜の使い方は、長い下積みを経験した神崎シェフならではです♪♪

彼女の料理修行の生い立ちは読んでいて、まるで小説を読んでいるかのようで、とても興味深かったです→こちらの記事「シェフの肖像 (vol.9)Virtus(ヴィルチュス) シェフ 神崎千帆 氏 | CHEF AGENCY

 


This photo of Virtus is courtesy of TripAdvisor

 

ACCENTS table bourse

パリ2区にある「ACCENTS table bourse(アクセンツ)」は、オーナーの杉山あゆみ氏が料理長兼シェフパティシエを務めているお店です。


This photo of Accents Table Bourse is courtesy of TripAdvisor

 

Sola(ソラ) 

また、個人的には...大好きだったのに閉店してしまった吉武シェフの「Sola(ソラ)」が、西麻布のPlate東京などで活躍していた鍋多光介シェフにより復活し、1つ星に返り咲いたことが私としては1番のニュース!!

鍋多シェフの「Sola」には、まだ行ったことがありませんが、行く前に1つ星になってしまい、更に予約が取れないお店になりそうです^^;(まあ、お店にとっては嬉しいことなんでしょうけど...笑)

メニューは「Omakase - お任せ」98ユーロのコースのみとか!?
ぜひ、次回のパリでは訪れたい場所 NO.1です!!!

  

他にも、シャンゼリゼにある、3つ星シェフのヤニック・アレノ氏とルイ・ロブション氏が手がけた本格江戸前鮨(板前・岡崎泰也氏)の「L'Abysse(ラビス)」や、2区の北村啓太シェフの「ERH(エール)」、6区の守江慶智シェフの「Yoshinori」などは、今年のミシュランの流れを汲んで、オープンから程なく星を獲得しています。

 

Abri(アブリ)

また、比較的カジュアルなお店がいくつか星を獲得している今年のミシュランでは、沖山克明シェフの「Abri(アブリ)」にも注目が集まっています。

「Abri」は、パリ10区の本格レストランでありながら、コースは昼:26ユーロ、夜:49ユーロと、価格や店構え共にカジュアルを貫いている地元の人気店です♪♪

本来はね、こう言うお店が「ミシュランガイド」の最初のコンセプトだと思うんですけどね。なんか、今は逆にミシュランに選ばれてしまうと遠い存在になってしまうようなイメージだわ。Abriよ、どうか、遠くならないで♡


This photo of Abri is courtesy of TripAdvisor

 

パリ・ミシュラン日本人シェフリスト2019版


2019/01/27
日本人シェフ一覧 ↓↓ こちらからどうぞ♡

【2019年最新版】ミシュランガイド・フランス 日本人シェフ一覧(全店リンク付き)

 

と言う訳で、とりあえず「速報!」と題し、2019年の【ミシュランガイド フランス版】に関して、


・今年のミシュランはちょっと違う!
・日本人&女性が大活躍♡

ということをお伝えしてきました。


ご興味のある方は、ぜひブックマークしておいてまた見に来てください^^;
はてなブログの方は読者登録で最新情報を受け取れます♪


また、記事を更新した際にはツイッターでもお知らせしていますので、もし宜しければフォローお願いします(^-^)

 

 

 

 

参考にした記事:(お世話になった人 mr. Google Translate

- Les étoiles du Michelin 2019, une (r)évolution de palais ? - Sortir Grand Paris - Télérama.fr

- Guide Michelin 2019: qui sont les étoilés parisiens?

- Michelin ‘Can’t Do Anything’ About Lack of Female Chefs, Director Says - Eater NY

- Michelin Announces 2019 Stars for France - Eater

- Les restaurants étoilés du guide MICHELIN 2019 | MICHELIN Restaurants

インタビュー 神崎千帆シェフ
- シェフの肖像 (vol.9)Virtus(ヴィルチュス) シェフ 神崎千帆 氏 | CHEF AGENCY
- https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001347.html 

インタビュー 杉山あゆみシェフ
- 『ACCENTS table Bourse』”おどろき”あるデザートで笑顔が見たい。 | OVNI| オヴニー・パリの新聞

インタビュー 鍋多シェフ
- https://seethesun.jp/note/234/

インタビュー 北村シェフ&守江シェフ
- https://magazine.hitosara.com/article/1336/

インタビュー 北村シェフ
- http://r-tsushin.com/chef/keita_kitamura.html

Abri(アブリ)- 沖山シェフ
- http://www.hoteresonline.com/articles/4739

- Aburi - menu  

インタビュー 秋重シェフ

https://ovninavi.com/automne_nobuyuki_akishige/

木村圭吾シェフ

https://professions-of.jp/contents/?id=17102758

L'Abysse au Pavillon Ledoyen

- https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000019764.html

- https://octane.jp/articles/detail/1327

Le Sommelièr (Lyon) - Le chef Kikuch et La Sommelière Hasegawa

https://www.lemonde.fr/m-gastronomie-le-lieu/article/2018/04/13/restaurant-a-lyon-la-sommeliere-tout-en-finesse_5285031_4497598.html

http://lyon-saveurs.fr/1ere-etoile-pour-la-sommeliere-a-lyon/