元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

パリ★ピエール・エルメ@チョコレート通り

皆様こんにちは!元CAのバンビです(^-^)
もうすぐバレンタインということで、暖めていたオリジナル企画(笑)
パリ♡サンジェルマン・デ・プレ
「チョコレート通り」のお店を数回に分けて紹介していきます♪♪

 

なお「チョコレート通り」というのは私バンビが勝手に名付けた通りですので、そんなものは存在しないし、もしパリに行って街ゆくパリジェンヌに聞いても「ハァン??」って変な顔されるかもなので、あしからずご了承くださいませ...(^^;)

 

ちなみにプロデュースbyバンビのチョコレート通りの地図はこちらです↓↓

Google Maps

f:id:zuboraca:20180210114826j:plain
❤︎ original Open Street Map by openstreetmap.org ❤︎

 

今日は、日本でも皆様にお馴染みの

❸ピエール・エルメ

世界のスイーツ界をリードするカリスマ的存在のパティシエです。

彼のお菓子作りに対する革新的な手法は、世界的にも高く評価され「パティスリー界のピカソ」などと呼ばれています。

 

ペイストリー・パン屋さんの息子として生まれたピエールエルメは、14歳からパティシエの修行を始めました。  

24歳でフォションのシェフ・パティシエとなります。その後、ラデュレの副社長を経て、1996年に自らの名前をつけたブランド「ピエール・エルメ・パリ」を創業。

お店としての「ピエール・エルメ・パリ」は1998年にOPEN。
世界第1号店は、な〜んと!パリではなく東京の「ホテルニューオオタニ」だったのです。 そのためか、ピエール・エルメ本人の日本への思い入れも深く、来日イベントも頻繁に行われています。

また、kawaii(かわいい)と名付けたコレクションを発表したり、実は大相撲の千秋楽に優勝力士に送られる巨大マカロンはピエールエルメによるものなのです!

f:id:zuboraca:20180202212938p:plain

(NHK画面キャプチャー)

今場所はピンクのマカロンでした!
この巨大マカロンは直径40cm厚みは23cmだそうです^^;デカー


ピンクのマカロンと言えば、こちら「イスパハン」(Ispahan)

かわいいマカロンにサンドされた、フランボワーズ。真ん中にはライチとほんのり香るバラのクリームがとても上品♡至福を感じる一品です!

Pierre Hermé Paris

マカロンの上にはバラの花びらとフランボワーズが飾られています。
インスタ映え間違えナシっ★

 

ピエール・エルメには、スイーツだけでなく美味しいパンも売っているのです。

こちらは、いつもグルメなパリ情報を楽しませてくださるコマメさん(id:pariskomame)のブログ♡
コマメさんがピエールエルメの「イスパハンのクロワッサン」を求めて、なんとピエールエルメをハシゴしてしまうお話です。

 

ちなみに「チョコレート通り❻ばん」
❻ジェラール・ミュロ

もマカロンの美味しい人気のお店です♡↓↓


それから、パリのインスタ映えの美味しい花びらジェラートは↓↓

www.bambi.red

 

 

★★パリ2日目(4)チョコレート通り@サンジェルマンデプレ★★