元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

【CAの裏話】機内でお誕生日を祝ってもらえなかった件について(少し毒吐きます…)-CAのロッカールーム(9)

皆様、こんにちは!
シリーズでお送りしている「CAのロッカールーム」久々の更新です♪♪

私、元CAのバンビがCA時代に体験したことやCAのロッカールームで見聞きした裏話などを面白おかしく紹介していくシリーズです!

 

機内でお誕生日を祝ってもらえないクレーム-CAの裏話

 

確か1年くらい前にtwitterかどこかに、こんな投稿があったのが話題になっていました。

「せっかくお誕生日の記念にファーストクラスに搭乗したのにCAは何もお祝いしてくれなくて嫌な気持ちになった。もう二度とA社には乗らない」

的なやつです。

 

これに関して色んな人が色々言っているのを目にしましたが、当時は横目に「ま、機内では色々事情はあるのよ!」って心の引き出しにそっと仕舞っていましたが、急に!今思い立って、これに関して私の意見を書きたくなったので書きます(笑)

(そう、私は急に思い立つことが多いのだ!!!)

 

まず、お客様がフライト中に快適に過ごせるように最善を尽くそう!と言う気持ちは、常に全CAが持っていると思います。

CAは、フライトの前から全てのお客様が快適に過ごせるようにお客様の情報を確認をしたり、フライト全体をイメージして対処法などを話し合ってフライトに臨みます。

今日はロスまでの10時間、エコノミーは満席でお客様は窮屈だろうな。
具合の悪くなる人が出ないように、お客様の顔色とかにも気を配らなきゃ。
特に窓側の人はトイレに行きにくいし、体も動かしにくいから、その辺も注意しよ。

ロス線の若い人はお酒の注文が多いから、提供の際は気をつけよ。
前回のフライトでは酔っ払った人が大声で話して周りの人に迷惑かけて、座席を移動したりもあったけど、今日は満席だからそうも行かないし。
とにかく勃発しないように良く観察しておかなきゃ。

後ろのエリアはご家族連れとビジネスマンが混在しているな。
なんでこんな座席配置にしたのー!(←地上スタッフに対しての文句)
満席だから、今から座席変更は難しいかな。
子供たちは騒がないと良いな。
このエリアのビジネスマン達には特に最初のうちから、親切にしておこう。
子供のお母さん達とも仲良くなっておかなきゃ。
第一印象が大切!

ファーストクラスは、、今日はお客様の人数は少ないものの…

ロス線にいつもご搭乗されているA様がお乗りだわ。
A様は、機内の物音にすごく敏感だから「音」に気をつけなきゃ!

あ〜それからB様は、何なに?前回のフライトで粗相があったから気をつけてくださいと注意書きが添えられている!

「B様は個人情報の漏洩を特に気にされます。機内では絶対に名前をお呼びしないでください」

前回のフライトでは、申し送りがされてなかったので、乗務員がB様のお名前をお呼びして挨拶したことから激怒されてしまったそう。

個人情報漏洩って。
まあ名前こそ、一番の個人情報だからね…

ファーストクラスでは基本的にお客様はお名前(名字)でお呼びしてサービスするので、予め言われてなかったら乗務員に落ち度はないと思うけど。

お客様の考え方はそれぞれなので、今日は絶対に名前をお呼びしないように気をつけなきゃ。B様という名前は今の瞬間から忘れよう!
(こういう場合は乗務員同士でもB様とはお呼びせずに座席番号などでお呼びします)

で、冒頭のお誕生日のお客様。

 

この方がご搭乗されたフライトに乗っていた訳ではないので全て想像ですが、CAなら容易に想像できる良くありがちなシチュエーションです。

「ファーストクラスのC様は今日お誕生日ですね」
「男性お一人でお乗りだし、お祝いどうします?」
「何歳になるのかしら?」
「今日で38歳です!」
「うーん、微妙ですね^-^;」
「まあ、38歳だし、お祝いする歳ではないかもですね」
「しかも今日は物音にうるさいA様と個人情報にうるさいB様がお乗りですしね…」
「お子様のお誕生日も祝ったら『なんでうちの子供の誕生日知ってるの?』って怒る人の話も聞きますからね。最近、個人情報の扱いって結構うるさいですよね」
「じゃあ、その辺は機内で様子見てみましょう〜★」
「そうですねー」

という会話は全くの私の想像ですが、ファーストクラスのお客様の誕生日に気づいていて祝わないのなら、裏には色んな事情があったのかも知れませんね。
(個人情報なので、チーフや担当の方の方針で、元々お誕生日を確認してなかったということも無きにしも非ず)

このフライトにおいて、担当のCAさんはどのようにお客様に接したのか分かりませんが、CAは超能力者ではないので、お客様がお誕生日を祝って欲しいのかどうかは「雰囲気」や「お話の内容」で察するしかなく、本当の気持ちを知ることはできません。

フライトの中で
「今日はね、特別な日だからファーストクラスで旅行をしているんだ(^-^)」とか、もしお客様の方から仰ってくれていれば、
「もしかして、お誕生日だからですか?!それでしたら、乗務員からもお祝いさせて頂いても宜しいですか?」
という流れになっていたかも知れないけど、

フライト中も「俺、ファーストクラス乗り慣れているし、いつも通り〜。あ、いつものワインちょうだい」
のように、すかしてる感じだったら、

『38歳のお誕生日なんて祝ったら怒られるかも!』

と、思ってしまう場合もあるかも知れません。

まあ、私の経験では、実はすかしている人ほど、お誕生日を祝ってあげたり、お誕生日じゃなくても何かのカードを書いてあげたりすると、喜んでくださることの方が多いですけどね★笑

 

と言う訳で、ここまで書き終わってから、どういう事件だっけ?と思って検索したら、これが出てきました!
↓↓

ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ: J-CAST ニュース【全文表示】

 

もう2年以上も前の出来事だったのですね!
オ〜てきとーに38歳と書いたけど、この方は39歳!!結構あってました。
それに、ロス便というのも当たってました〜!!

そして、なんと!!!笑
泣いてしまったのですね。
(どんだけだ!39歳にもなって…そこまでは予想できず。いつかの議員みたい!)

このクレームに対してのANAの対応は、誠意を持って対応していると思いますが、お客様は文句言っているみたいですね。

しかし、これだけはハッキリ言わせてください!!

お誕生日祝い代金は、フライトの代金には含まれてません。
乗務員のサービス!であることを忘れないで欲しい。

フライト中の笑顔だって、気遣いだって、隣の人がうるさいから席を変えてあげる場合に、双方が嫌な思いしないように色々と工夫してお声がけしてあげているのだって、ボタンが外れたから縫ってあげたり、お客様ご自身でズボンにこぼしたコーヒーをトイレで洗って乾かしてあげたり、美味しいって仰ったワインのラベル剥がして記念に差し上げたり、現地の美味しいお店教えてあげたり、お食事誘われても嫌な顔せずにやんわり断ったり!
これ全部全部、航空券の料金には含まれてない乗務員のサービスですからね!


この記事の教訓:

・乗務員は超能力者ではない!
・最近は個人情報にうるさい人も多くて、乗務員が誕生日を知っていることに関しても怒る人もいるので、お誕生日を祝って欲しい人は、最初にそれとな〜く言ってね(^-^)

 

CAのロッカールーム第9話★おわり

 

CAのロッカールーム★シリーズ

 

★第1話から読みたい方はこちらから↓↓ 
機内でお客様の取り合い!その意外な結末とは? 

 

 

 

このブログについて

元CAバンビ-このブログについて


このブログは、元CAのバンビがプライベートで訪れた弾丸旅行の旅行記や、飛行機での過ごし方、荷物のパッキングの仕方など、CAの経験を元に書いてます!
ぜひ、ご旅行の参考になさったり、暇な時の時間つぶしにご利用くださいませ♡

 

★海外旅行おすすめ記事ベスト5★

 

★元CAがこっそり教える!長時間フライトで快適に過ごす方法

★パッキングのコツや裏技〜全部機内持込で済ませる方法〜

★100均グッズ活用の旅行用品&常備する医薬品一覧 

★海外旅行あるある10選!

★盗難はまだマシ!手荷物から目を離してはいけない本当の理由

 

 

★弾丸旅行記★

 

★パリ3泊5日ハラハラどきどき弾丸旅行記

★ハワイ2泊4日(LCC利用で格安!)弾丸旅行記

★ワシントンDC3泊5日モデルプラン&弾丸旅行記

 

 

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。
ぜひ読者登録をお待ちしてます♪


記事を更新した際にはツイッターでお知らせしています♪♪