元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

ハワイ・ホノルル空港からワイキキまでお得な交通手段★チャーリーズタクシーの乗り方

2泊4日ハワイ弾丸旅行記より

CAの大好きなジャンク中華料理「パンダエクスプレス」や子連れハワイで雨の日も楽しめる「チルドレンズ・ディスカバリー・センター」などの紹介で、少し旅行記から遠ざかっていたので、一旦、話を旅行記に戻します!

そうなんです。良く脱線しますが、これは本当は「旅費3万円、スクートで行く2泊4日ハワイ弾丸旅行記」なのです♪♪

今日はハワイに到着したところから↓↓

f:id:zuboraca:20180621080413j:plain

ホノルル空港からワイキキまでは「チャーリーズタクシー」で移動!

ハワイの玄関口、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)に到着したら、ワイキキまでは「チャーリーズタクシー」を利用します!

今日は、空港からワイキキまで定額料金で乗車ができる「チャーリーズタクシー」の予約方法、正しい乗車方法をお伝えします!!
実際に乗車してみて、ネットに書いてあることは嘘ばっかだと確信しました(笑)
せっかく、このページをご覧になっている皆様には間違えて嫌な思いをしてほしくないと思い、重要なことから先に言います!

 

まず、はじめに

アメリカの公衆電話からのフリーダイヤルはコインを入れません!!

ホノルル空港から、チャーリーズタクシーに乗る際には、公衆電話から「フリーダイヤル」でチャーリーズタクシーに電話をしますが、まずアメリカのフリーダイヤルは、お金(コイン)を入れません!!!

自分がハワイに行く前に、いくつかのブログなどで乗車方法を確認したのですが、フリーダイヤルをするために「空港で両替する方法」や「話し中で繋がらなかった!」「仕方なくクレジットカードを利用した」など書いてあるのを拝見しました。けど...

あれ?アメリカのフリーダイヤルってお金入れるっけ?

って思って実際に行って、現地で確認したところ、やはり必要ありません。

受話器を取って「プー」という電子音が聞こえたら番号を押せば良いだけです。

間違えた情報がネットに流れているので、訂正しまーす!
実は待っている間に話したチャーリーズタクシーの人も「みんな間違える」ってちょっと困ってました!!
ちなみに、アメリカではフリーダイヤルのことをTOLL FREE(トールフリー)と言います。

「両替は必要ありません!」
「トールフリーの場合は、コインは入れません!クレジットカードも使いません!」

電話は日本語で対応してくれるので拍子抜けするほど簡単です!

 

 

では、さっそくチャーリーズタクシーについて説明しますね^-^

定額29ドルでワイキキに行ける「チャーリーズタクシー」とは? 

f:id:zuboraca:20180620144504j:plainhttps://charleystaxi.com/jp/

 

ハワイの玄関口である、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)からワイキキまでは、直線距離で約10キロです。

旅行者はハワイ(ホノルル空港)に到着したら、まずは観光の中心である「ワイキキ」まで移動しなくてはなりません。

タクシー、シャトルバス、レンタカー、路線バスなど幾つかの交通手段がありますが、タクシーの中でも、事前予約で「チャーリーズタクシー」を使うと、定額の29ドルでワイキキのホテルまでダイレクトに行くことができます。(通常のメーター料金は35~40ドル)

事前予約をすることで、タクシーの列に並ばなくて済みますし、渋滞によるメーターの上昇もないので金銭的にお得ですし、時間も節約することができます!!

チャーリーズタクシーは、観光業界の競争が激しいハワイで、80年間に渡って営業してきた実績があり、地元の多くの企業とも提携をしていて信用があります!

空港からだけでなく、市内でもたくさん走っているのを見かけます。自分も今までに何回も使っていますし、ハワイ在住の友人などからも評判が良いです。
料金の支払いにはクレジットカードが使えます。

ドライバーさんとのやりとりは英語ですが、万が一何かトラブルがあった際には本社ですぐに日本語で対応してくれるので安心です。

定額利用の際の注意点

事前予約をしていても、行き先を変えたり、同乗者を途中で降ろしたりする場合にはメーター料金に切り替わってしまうので気をつけてください。

また、スーツケースは1人1つまで無料です。それ以上持ち込む場合やゴルフバックやサーフボードの持ち込みには追加料金がかかります。

 

 

チャーリーズタクシーのメリットとデメリットまとめ

メリット

・定額料金
・信用がある
・サービスにも定評がある
・クレジットカードが使える
・万が一のトラブルには日本語で対応してくれる

 

デメリット

・途中で一人降りたり、ABCストアに寄ったりできない
・荷物が多いと追加料金が掛かる

 

 

チャーリーズタクシーの予約方法

予約は簡単に日本語で出来ますので、お教えするまでもないですが、前もって項目が分かっていれば安心かと思いますので、念のため書いておきますね(^-^)

ワイキキ定額料金タクシー – Charley's Taxi

上記ページから日本語で予約できます。
料金はタクシーに乗車してから支払うので上記のページでは必要事項を記入して「予約」をするだけです。

 

1.名前&連絡先入力

f:id:zuboraca:20180620222128j:plain

2.希望するサービス

往復か片道選ぶ。片道の場合は行き先(空港→ホテルorホテル→空港)

f:id:zuboraca:20180620222213j:plain

3.必要なタクシーの台数

1台につき4人までなので、4人以上は2台必要になります。

f:id:zuboraca:20180620222230j:plain

4.乗客人数とスーツケースの数

スーツケースは1人1つまで無料。それ以上は1個につき5ドル掛かります。

f:id:zuboraca:20180620222147j:plain

5.到着情報

手元に航空券や旅程表などを用意しておくと入力がスムーズです。

f:id:zuboraca:20180620222240j:plain

6.帰りの情報

往復で予約している場合は、帰りの分も記入します。
帰りは日本到着の1日前がホノルル出発の日となりますので、日にちを間違えないように気をつけてください!

f:id:zuboraca:20180620222247j:plain

7.予約

次の画面で入力内容を確認し、間違えがなければ予約する。

8.確認メール

24時間以内に確認のメールが届くので確認しましょう^^
 

 

ホノルル空港に着いたら

この記事の最初でもお伝えした通り、コインを入れずに公衆電話からフリーダイヤルでチャーリーズタクシーに電話をします!!

Charley'sTaxi

入国審査後、到着の荷物ターンテーブル(チェックイン荷物がある人はココで荷物をピックアップする)を過ぎて出口に向かいます。

出口は2つあり、左側は団体出口、右側は個人出口になります。

団体出口は、JTBや HISなどの団体ツアー専用の出口になります。チャーリーズタクシーを利用する方は、個人出口の方から出ます。個人出口は右側です。
「EXIT 2」と書いてあります!

同じ飛行機に団体のツアーの方がいっぱい居る場合は流れに釣られて、左に行かないように気をつけてください!


さあ、ハワイに到着です!

 

 

EXIT2を出たら、この景色が見えるハズです。

Charley'sTaxi
写真の右上に「Taxi」と書いてありますが、そちらには行かずに、まずは
ここを出てから左側の公衆電話エリア?に行き、お待ちかね「チャーリーズタクシー」に電話しましょう♪♪

↓↓公衆電話エリア

Charley'sTaxi


公衆電話の電話の仕方については、最初に書いた通りですが、しつこくもう一度(笑)

コインやクレジットカードは必要ありません!!
1.受話器をあげて「プー音」を確認する。
2.番号を押す。(番号はメールで送られてきます)
これだけ!!

空港の公衆電話の中には壊れているものもあったので、ちゃんと電話が壊れていないか、受話器をあげて「プー音」が聞こえてから番号を♡

Charley'sTaxi


きちんと繋がれば、日本語で待ち合わせ場所を説明してくれます。

今回3月下旬「スクート」で到着した際には、出口の前の横断歩道を渡った右側に係りの赤いアロハシャツを着た人が待っているので声を掛けてと言われました。

ちょーちっちゃっくだけど、たまたま撮った写真に映ってました↓↓

f:id:zuboraca:20180620160539j:plain

他にも日本人の利用客の方が2組、他の方たちもすぐに分かっていたようですし、特に待たされることはなく、この奥の駐車場まで案内され、順番にそこからタクシーに乗ることができました。

少し前に利用した際には、中央分離帯で待っているように言われたので、日によって違うのか、変わったのかもしれません。(とにかく日本語で教えてくれるので大丈夫!)
あとは、チャーリーズタクシーに乗ってワイキキに向かうだけです。

乗ってから〜お支払い方法

乗ってからはワイキキの景色を楽しみましょ〜♪♪

taxi


注意事項の部分でもお伝えしましたが、途中で経路変更をお願いしたり、コンビニに寄ってもらったりしてはいけません。メーター料金に切り替えられてしまいます。

また定額料金ですが、最初から一応メーターは回った状態になっています。メーターが29ドルを超えても大丈夫です。(っていうか、絶対に途中で29ドル超えてしまいます)
例えば、この時はワイキキの少し手前で既に34.55ドルになってます↓↓

Charley'sTaxi

メーター料金に関係なく、目的地のホテルに到着したら定額料金の29ドルを支払います。
定額は29ドルと何回も言ってしまいましたが、本当は29ドルではありません。(今更すみません...)定額料金の29ドルに税金の4.7%が足されて30.37ドルでした。しかもチップは別料金なので、そこに15~20%の金額を上乗せして支払います。

クレジットカードの場合は、チップの料金を選べるようになっています。
左から15%(4.56ドル) 18%(5.47ドル)20%(6.07ドル)です。 

Charley'sTaxi
普通は18%で大丈夫です。
あんまり大差はないけど、サービスがとっても良かったら20%を選びましょう〜 (^-^)
画面タッチ方式ではありません。下のボタンを押してくださいね!

私たちは18%を選択↓↓トータル35.84ドルになりました。

taxi

現金の方は35ドル〜36ドル払えば良いと思います。
お釣りがないように用意しておくとスマートです。

ちなみに、通常のメーターのタクシーを利用した場合でも、メーター料金にはチップは含まれていませんので、やはり15~20%の金額を上乗せして支払います。 

メーター料金が、ワイキキの手前で35ドルなので、少なめに見積もってホテルまで38ドルだとしても税金4.7%とチップ18%をプラスすると46.94ドル。
チャーリーズタクシーだと10ドル以上、お得になることが分かります!!

お値段だけでなく、信用もあるし、運転手の方も毎回いつも親切な方ばかりで、やはり「チャーリーズタクシー」が、おすすめです♪

今回は、実は帰りは別の定額料金のタクシー会社を利用したのですが、クレジットカードは使えるって言ったのに使えなかったり、途中で渋滞したら明らかにドライバーの機嫌が悪くなったり(朝の渋滞はいつものことだけど...)と、名前は出しませんが、同じ29ドルでしたが、そっちの会社はおすすめじゃないですっ(~~;

 

 

ワイキキ到着後にすること

ワイキキに到着したら、まずはビーチからの無料トロリー(本当は2ドル掛かるけど、この方法だとタダ!)で、ハワイの風に吹かれながらワイキキを周遊します!

小腹が空いたら、ハワイやアメリカで人気のジャンク中華料理「パンダエクスレス」やアラモアナ近くの「リケリケドライブイン」がおすすめです♡
 
アラモアナセンターの「サンドピープル」はハワイ好きには外せない雑貨屋さん

その他、ハワイ100回以上の元CAバンビが、ハワイ初級者〜上級者まで楽しめる、お得な情報をお届けしています(^-^)
旅行記はまだ途中ですが、随時更新しています。

更新した際にはツイッターでお知らせしますので、ご興味のある方はぜひフォロー宜しくお願いします♪♪

(注:皆様のツイートのスピードに付いて行けず、ツイッターは、ほとんど更新お知らせ用となってしまってます。ご了承くださいませ...)