元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

パリ★リュクサンブール公園(王妃メディシスの生涯)

皆様、こんにちは!元CAのバンビです。
今日はパリ中心にある大きな公園「リュクサンブール公園」を紹介します。

lux6



パリ2日目(8)リュクサンブール公園

この公園は元々は「リュクサンブール宮殿」の庭園として作られました。
「リュクサンブール宮殿」の建設には一人の女性の生涯が深く関わっています。

Peter Paul Rubens 095b.jpg
By ピーテル・パウル・ルーベンス - Galería online, パブリック・ドメイン, Link

アンリ4世の二番目の妻、後のルイ13世の母となった、王妃マリー・ド・メディシスです。 マリーの父はトスカーナ大公で偉大な権力と財力を持ち、アンリ4世とマリーの結婚は言わば政略結婚でした。

アンリ4世が1610年に暗殺されると、フランス王位を継いだのは、マリーとの間に生まれた、当時わずか8歳だったルイ13世でした。

マリーは摂政として実権を握ろうとしますが、15歳になった実の息子ルイ13世にブロワ城へ幽閉されてしまいます。その後、和解し、マリーは一旦パリに戻ることを許されましたが、結局、後に国外追放されブリュッセルにて67年の生涯に幕を閉じました。

 

lux4
王妃マリーは、アンリ4世亡き後、この地にリュクサンブール宮殿を建設します。
この宮殿は、マリーが幼少を過ごしたイタリア・フィレンツェのピッティ宮殿を模して造ったと言われています。

また、宮殿のすぐ隣には「メディシスの泉」があります。
正面の石盤の中央には、マリー王妃の紋章が彫られています。
lux9
波乱万丈の生涯を送った彼女は、このリュクサンブールの美しい庭園を見て心が休まる時があったのでしょうか。 私の目には、憂の泉のように写ります。

現在、公園はフランス元老院の所有で、宮殿は議場として使われています。
宮殿には、一般の人は立ち入る事はできませんが、庭園は「公園」として一般公開されており、パリ市民の憩いの場、また観光地として多くの人々が訪れます。

This photo of Luxembourg Gardens is courtesy of TripAdvisor
園内には↑↑パイプチェアが至る所に置いてあるので、それぞれ移動させ、読書をしたり、お友達同士でおしゃべりをしたり、寝たり...皆が思い思いの寛ぎ方を楽しんでいます。 

また100以上の銅像が、様々な場所、様々なスタイルで佇んでいます。これらの銅像は作られた時期も作者も様々。銅像巡りだけでも楽しめます!

1886年にアメリカ独立100周年を記念して、フランスが贈った「ニューヨークの自由の女神」の元となった銅像。こちらは準備段階で作られたものだそうです。

This photo of Luxembourg Gardens is courtesy of TripAdvisor
嘘を付くと手を噛み切られてしまうローマの「真実の口 」の伝説の彫刻。

This photo of Luxembourg Gardens is courtesy of TripAdvisor

 

カフェやレストランもあり、また子供たちが遊べるような池やポニーに乗れる場所もあり、家族連れも楽しめます♡
イベントも定期的に行われていて、若手のデザイナーによるオブジェの展示やオーケストラの演奏など、運が良ければ見られるかも知れません!

リュクサンブール公園
Le Jardín du Luxembourg

f:id:zuboraca:20180227095857p:plain
だいたい朝8時〜午後5時くらい(笑)
Les actualités et expositions du Jardin du Luxembourg - Sénat

 

 

今更ながらツイッターも始めてみました!
イマイチやり方が分からないのですが、、、(笑)
もし良かったらフォローお願いします(^-^)

 

このブログは基本、旅行記です。
元CAの目線から観光地、お買い物、美味しいお店なども紹介しています。
お得な情報なども載せてますので、ガイドブック兼、読み物として&ぜひパリの旅にお役立て頂ければ幸いです❤︎(^-^)

 

♡パリのあれこれ♡

パリ散策&スイーツ巡りの際にどうぞご参考になさってください♡

 

サンジェルマン・デ・プレ周辺→ボンマルシェルート→奇跡のメダイ教会


パリでおすすめの薬局コスメ♡

www.bambi.red