元CAバンビのずぼら日記

元国際線乗務員の情報発信ブログ。海外、旅行、料理、ワイン、美容のお話など。

【CA採用試験について】エアラインスクールに通うべき?面接ではどんなことを聞かれるの?元国際線客室乗務員が答えます!

皆様、こんにちは!元CAのバンビです♪♪
先日、読者の方からCAの面接に関するご質問を頂いたので、私のわかる範囲でお答えしようと思います!

【CA採用試験について】スクールには行くべき?面接では何を聞かれるの?

 

ちなみに私が採用試験を受けたのはだいぶ前ですが、会社を辞める前は新人訓練なども担当していたことがあるので、比較的新しい情報も含まれてます。

 

CAの試験を受ける方のご参考になれば幸いです。
もしかしたら他の企業の面接にも役に立つこともあるかも?ないかも…(他の企業に勤めたことがないので分かりません、汗) 

 

前回の記事では、CAの面接では「見た目」=「第一印象」がとても大事ですよ(^-^)ということをお伝えしました!
まだ読んでない方はぜひ、こちらもご覧くださいね!!

CA採用試験の面接ではココが見られる!現役面接官から聞いた
【注意する5つのポイント】

 

それでは、本題。
読者の方から頂いたご質問を要約すると以下の2つです。

 

(1)地方に住んでいて、エアラインスクールが近くにないのですが、スクールに通ってない人でも受かりますか?

(2)面接官からの質問で返答に困った質問などはありましたか?どのように対処しましたか?

 

 

 

 

 では、順番に。まず質問(1)から。

 

CAの採用試験は、スクールに通ってない人でも受かりますか?

答えはYESです!!
大丈夫です。スクールに通っていない人もたくさん合格しています♪♪
私もスクールには通いませんでした。

ちなみに「スクール」とは「エアラインスクール」のことで、専門学校以外に週に1回から通える講座のようなものです。JALやANAが開催しているスクールもあります。

採用試験の時は、スクールに通っている人が何となく目立つのですが、実際に入社してみると、スクールに通っている人は4分の1くらいか、それよりももっと少ない印象です。
私の頃(←だいぶ昔だけど…)もそうだし、最近の新人さん達もそんな感じです。

全国の人が採用試験を受けに来ますし、地方に住んでいる人もたくさん合格しています!私の訓練同期(同期の中でも最初の訓練が同じクラスだった人たち)は、半分以上が地方出身者で、入社後は羽田の近くに一人暮らしをしている人が多かったです。

スクールに通っている人の方が「面接慣れしている」などはあると思いますが、面接官は面接慣れしているかどうかを見ている訳ではありません!(後述します)

また、スクールのレッスンでは、例えばGLY(ギャレー=キッチン)の使い方、飲み物の作り方、ワインの注ぎ方なども練習するそうですが、入社してからみっちり訓練されるので、先にやっておく必要はないのかなと思います。

実際には、新人訓練も担当したことがある先輩(私)の立場から言わせてもらうと、スクール出身の子達は「自分はできる!」という変な自信があったりして、ちょっとやりにくいな、と感じることも少なくなかったです(汗)

 

面接官はこの子が客室乗務員として、きちんと仕事をやっていけるのか?という基準で見ていると思います。
客室乗務員としての「素質」を見ているのです!

★第一印象
★身だしなみ
★人当たり(第一印象とも似ているけど、話し方とか雰囲気とか)
★協調性(仲間との協力なしには務まらないのが乗務員の仕事です)
★処理能力(色々なことを同時進行でやらないといけないし、お客様のニーズを推し量って、瞬時に対処しないといけない)

これらは、普段の生活で少しずつ培われることで、スクールに通ったからと言って瞬時に身につくことではありません。

例えば「私は引っ込み思案で人前でしゃべるのが苦手」と思っている人は、今の状態だと客室乗務員になるのは少し難しいかも知れません。

スクールでは、皆の前で話す機会が増えるなどの利点はあるかも知れませんが、スクールに行かなくても、家族や友人に協力してもらって練習したり、自分で何かのイベントに参加したりして、人前で話す機会を増やすなど、色々と方法はあると思います。

私は入社試験の面接の前には、友人に協力してもらい、自分はスーツにスカーフのCAっぽい格好で(今考えるとコスプレか!って感じで恥ずかしいけど)数人の前に立って、質問してもらうということを敢えて学校の皆が通るところでやった記憶があります。
他の人も就職試験中なので、大学の友人達と順番にシミュレーションみたいなことをやり合いました。

また今振り返ると、私は学生時代は飲食店(ファミレス)でバイトをしていたので、人当たり、協調性、同時進行処理能力…などは、そこで培われたことも多かったかなと思います。
アルバイトは責任のある「仕事」なので、スクールよりも実践的かなと思います。お金も貰えるし!
お客様と接する機会が多く、また同時処理能力が必要な飲食店でのアルバイトはおすすめです(^-^)

入社してからの訓練では、飲食店(ファミレスやファストフード)でバイトをしてた子の方が飲み込みが早いなと感じることが多かったです。(人にもよるけど)

 

 

 

続いて(2)の質問。

 

CAの面接ではどんなことを聞かれるの?返答に困る質問は?


CAの面接でも、もちろん「志望動機」や「大学での専攻や前職の履歴」など、一般の就職試験で想定されるような質問も多く聞かれます。
一般的な採用試験の質問集については、市販の本などを参考にされることをおすすめします!
この辺りが売れ筋なのかな↓↓

 

 

私は、国内大手2社を受験したのですが、1社の方は特に困る質問は無かったように記憶しています。いわゆる一般的な面接の練習で対応できるような内容でした。

もうかなり昔のことなので覚えている範囲で!

・自己PR
・志望動機
・大学生活で一番頑張ったこと
・弊社が第一志望か?他にも航空会社があるが、どうして弊社なのか?
・どんなCAになりたいか?
などの一般的な質問です。

そして、もう1社の方ですが…結構、返答に困る質問が多かったように感じます。

・機嫌が悪いお客様がご搭乗されたらどうしますか?

(↑今から考えれば、想定出来そうですが、当時は想定出来なかった)

・弊社は60歳が定年ですが、定年まで勤めますか?その後の人生設計はどう考えていますか?
(私の反応→え?!そんな未来のことまで今聞くの???)

などです。

「社長の名前」や「株価」を聞かれた人も居たみたいです。もちろん、そのぐらいは覚えておきましょう。
でも、答えられないことをわざと聞いて、その対応を見る場合もあります。

分からないことは、変に取り繕って答えずに、正直に「勉強不足で分かりません(存じ上げません)」「面接が終わったらすぐ調べたいと思います!」とか「御社に入社するまでに、しっかり勉強したいと思います!」など、分からなかったことに関しても意欲的に勉強していきたい旨を伝えるようにしましょう!!

 

 

 

想定外の質問に対して私がどう対処したか?

ポイントは、まず、え?っと思う意地悪な質問を受けても、プラスに転換させることです。

正解かどうかは分かりませんが…自分の回答&自己分析をしてみました。

機嫌が悪いお客様がご搭乗されたらどうしますか?

自分の返答★
私はお客様に癒しや安らぎを与えらえるような乗務員になりたいので、そのようなお客様がご搭乗された時こそ、チャンスと捉えます。機内ではお客様の気分を良い方向に転換できるように、誠心誠意お客様に接することを心掛けたいです。

自己分析★
どんな乗務員になりたいか自己アピールしつつ、マイナスの状況をプラスに転換しようとする。

 

定年まで勤めますか?その後の人生設計は?

自分の返答★
今の私の目標は、御社に入社して憧れの乗務員として活躍することです。現段階では定年まで勤めたいと思いますが、 人生の中で何が起こるかが分からないのではっきりとしたことは申し上げられません。その後の人生は、明確な目標はまだありませんが、人と接することが好きなので、カフェなどをやりたいと思います。

自己分析★
もっと上手い答え方があったと思いますが、正直に「はっきりは申し上げられない」と答えたことと、一応、人と接することが好きなのでとちょっとアピールもした。カフェは、その場で思いついたことを言ったのですが、カフェってどんなカフェですか?とか掘り下げて聞かれて焦りました。(なぜか田舎にある隠れ家的なカフェって答えた気がします…笑)

 

あと、上記ですが文章に書くとスラスラ言ったようにみえますが、途中途中で詰まったりしつつも、必死に自分の言葉で伝えたという感じです。たぶん「えー」とか「あー」とかも言っていたと思います。(←もちろんハキハキ言えるなら言った方が良いですよ!)

また、敬語の使い方は、新卒の方にとっては耳の痛い話だと思います。私もそうでした! 

私のグループ面接で一緒だった人は、言っている内容はきちんとしていたけど「すごい〇〇」を連発していて、もう少し言い方を変えればもっと良く聞こえるのになぁって思いました。(「すごい」→「とても」や「大変」)

言い方を変えたり、別の言葉に置き換えたりするだけで、印象が大幅に変わることもあります。

 

 

ただ気にし過ぎると自分の言いたいことを言えなくなってしまうので、本番は、丁寧、誠実を心掛けて、余り気にし過ぎるのはやめましょう!謙譲語とか尊敬語とかの使い方が分からなくなってしまった場合は、できるだけ丁寧に言えば大丈夫! !

とにかく落ち着いて、自信を持って、今までやってきたことを面接官に見せつけてやりましょう♪♪(←くらいの心持ちが大切!!)

 

 

 

【CA採用試験について】まとめ

★エアラインスクールには通わなくても多くの人が合格しています!

面接官が見ているのは、あなたに客室乗務員としての「素質」があるかどうか?という点です。
普段からの笑顔、立ち居振る舞い、話し方、敬語などを気をつけて身につけて行きましょう!

 

★意地悪な質問はプラス思考で考えよう!

相手が求めているものは必ずしも「正解」ではないかも知れません。どう対処するかを見ている場合があるので、何かしら「プラス」になるような答えを探しましょう!(^-^)
 

以上、本日は読者の方からの質問にお答えする形で

【CAの採用試験について】
スクールに通うべき?面接ではどんなことを聞かれるの?

をお送りしました〜♡

CA採用試験を受ける方のご参考になれば幸いです!!

 

前回の記事は、こちらからご覧いただけます♪

CA採用試験の面接ではココが見られる!現役面接官から聞いた
【注意する5つのポイント】

 

 

ぜひ頑張ってください〜(^-^)

 

 

CAの関連の記事は★こちらをご覧ください。(楽しいこと、大変なこと、恥ずかしいこと、など色々)

↓↓

CA時代のお話 カテゴリーの記事一覧

 

このブログについて

 元CAバンビ-このブログについて

 

このブログは、元国際線CAのバンビによる情報発信ブログです♪♪

主にプライベートで訪れた、ハワイやパリの弾丸旅行記を中心に旅のお得情報などをお伝えしています。

ハワイ2泊4日弾丸旅行記


パリ3泊5日弾丸旅行記


また、CA時代に取得したソムリエ資格についても色々アドバイスなど書いてますので、CA採用試験に合格したあかつきには、ぜひソムリエの勉強もしてみてください!

元CAが伝授!独学でソムリエ試験合格までに私がしたこと&アドバイス

 

このブログは「はてなブログ」で運営しています。

はてなブログの方は読者登録していただくと更新お知らせが届きます!


また、記事を更新した際にはツイッターでもお知らせしていますので、ご興味のある方は、ぜひフォローもよろしくお願いします(^-^)